2008年03月29日

<暫定税率>「政争の具にする愚」 4知事緊急アピール

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080329-00000001-mai-pol

「与野党で誠実に協議を」。

28日午前、
山形、鳥取、徳島、佐賀県知事が東京・永田町の都道府県会館で会見し、
揮発油税などの暫定税率を維持した予算関連法案の年度内成立を求めて
緊急アピールを行った。

知事たちは、
与野党がにらみ合ったまま道路特定財源の暫定税率が
期限切れへと向かう現状を口々に批判した。

アピール文を読み上げた
古川康佐賀県知事は「政治不在で、『混乱の春』にしないで」。
飯泉嘉門徳島県知事は「『地方に迷惑をかけない』との言葉が躍るだけ。
日一日、現場の不安や混乱は増幅している」。

斎藤弘山形県知事は「政争の具にする愚、この一言に尽きる」。
平井伸治鳥取県知事は「国会は表決堂なのか。与野党はいいかげんに目を覚まして」。

言葉には中央の無策に翻弄される地方の無念さがにじんだ。(毎日新聞)


posted by マッサ at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。