2008年03月29日

モトローラ、携帯と通信機器を事業分離(27日)


米通信機器大手モトローラは26日、

携帯電話事業を
ワイヤレスモデムやテレビの家庭用通信端末などの通信機器事業から分離し、
それぞれ独立会社として株式公開すると発表した。

不振の携帯事業で地位回復をめざすのが狙いで、
法や規制を確認したうえで2009年にも実施するとしている。


この件に限らず、IBMのPC部門やHDD事業等、
まだ事業価値があるうちに分離する手法は思い切りがいいと思う。


posted by マッサ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。