2008年03月29日

<08米大統領選挙>民主両候補、経済政策で「バブル崩壊」を意識(28日)


米大統領選の民主党候補指名を争う
バラク・オバマ、ヒラリー・クリントン両上院議員が、

今回の選挙戦で最大の争点となっている米経済問題をめぐり、それぞれ政策を打ち出した。

■投資家優先の政策で経済にゆがみ−オバマ氏
■米国にも「失われた十年」が訪れる危険−クリントン氏


サブプライムローン特集86


posted by マッサ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。