2008年03月29日

キューバ新政権、携帯電話の利用規制を緩和


キューバ政府は28日、

携帯電話の所持を一般市民にも広く認めるとする国営通信会社エテクサの告知を、
共産党機関紙グランマに掲載した。

実兄フィデル・カストロ(81)氏の後を継いで元首に就任した、
ラウル・カストロ(76)新政権による規制緩和となる。


関連

キューバ、電化製品の一般販売許可へ(24日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/91441755.html


posted by マッサ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。