2008年03月30日

チベット・ラサ取材、当局選別のうえ認める 発生13日目、日本は共同通信のみ(25日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080325-00000947-san-int

中国チベット自治区の騒乱にからみ
中国外務省は25日の記者会見などで、

海外メディアの中国常駐記者の一部十数社十数人に対し、
26日にラサで取材する機会を設けることを明らかにした。

当局の手配付きとはいえ、
14日の大規模騒乱の発生から13日目で取材を認めたのは、
国際社会からの批判をかわす思惑があるとみられる。

中国外務省によると、今回の取材ツアーは3日間で、
日米英露ほかアジア地域のメディアで、日本は共同通信社のみが選ばれた。(産経新聞)


チベット特集60

共同通信といえば、ギョーザ事件関連で記者が中国で逮捕された所ですね。
この逮捕のニュースにより、中国国内でギョーザ事件は日本の自演だという論調が
一般化しているそうです。

そのような弱味のある共同通信を選ぶ中国。きな臭いですね。

関連

ギョーザ事件は日本人が“犯人”?日本人記者拘束で中国世論沸騰(2月29日)
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080229/chn0802290050003-n1.htm

一部外国記者のラサ取材許可=「客観的理解を」−中国(25日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080325-00000130-jij-int
<チベット暴動>ラサ取材を3日間許可 中国外務省(25日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080325-00000133-mai-cn
ラサ取材、当局指名の外国メディアが現地入りへ(25日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080325-00000043-yom-int


posted by マッサ at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。