2008年04月05日

丸紅に350億円返還請求 稟議書偽造で米証券大手(3月31日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080331-00000081-san-soci

大手総合商社「丸紅」の稟議(りんぎ)書が偽造され、
投資ファンドなどに架空投資話が持ち掛けられた問題で、

米証券大手のリーマン・ブラザーズは31日、

丸紅に対し出資金返還を求める訴訟を東京地裁に起こした。

リーマン・ブラザーズは金額を明らかにしていないが、
関係者によると請求額は約350億円という。

懲戒解雇された丸紅の嘱託社員2人も関与したといい、
リーマン・ブラザーズは使用者責任を主張しているとみられる。(産経新聞)


先のニュースに関連してとりあげました。

関連

<大規模油田>メキシコ湾で発見、と丸紅発表(4日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/92312267.html


posted by マッサ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。