2008年04月07日

シェンゲン協定加盟9か国、空港でのパスポート審査廃止(3月31日)


加盟国間の自由な人の移動を促す
欧州のシェンゲン協定に新たに加盟したポーランドなど9か国は30日、
空港での出入国審査を廃止した。

これにより、24か国で約4億人がパスポートなしで行き来できるようになった。

パスポート審査を廃止したのは、2004年に欧州連合(EU)に加盟した
マルタ、旧共産圏のポーランド、チェコ、エストニア、ラトビア、
リトアニア、ハンガリー、スロバキア、スロベニアの9か国。


24か国で4億人。中国とインドの人口の多さを痛感します。


posted by マッサ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。