2008年04月10日

僧侶に対する愛国主義教育を強化 中国(3月30日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080330-00000916-san-int

中国当局が3月中旬のチベット騒乱以後、

チベット仏教を中心に各宗教団体の聖職者らに対して、
共産党大会の文献学習会など愛国主義教育を強化し始めた。

騒乱が他の地方に拡大することを未然に防ぐことが狙いだが、

当局のやりかたは逆に僧侶らの宗教意識を刺激し、
政府との対立を深める可能性もある。(産経新聞)


チベット特集92

関連

<チベット>自治区指導部の大多数は少数民族、漢民族支配を否定―中国(3月30日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/92843675.html


posted by マッサ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。