2008年04月10日

「僧侶宿舎から大量武器押収」と中国公安省(1日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080401-00000957-san-int

中国公安省は1日、

武和平報道官がチベット自治区での騒乱に関して初めて記者会見し、
最新捜査報告を発表した。

当局は「ダライ集団に直接関わった幹部を拘束している」とし、

僧侶の宿舎から
銃178丁、弾丸1万3013発、刀359振、ダイナマイト3504キロ、
信管1万9360個、手榴弾2個を押収したと発表。

ラサで発生した3.14事件は
「ダライ集団が北京五輪を利用し中国に危機をもたらす計画」だったと
改めて指摘した。(産経新聞)


チベット特集107

関連

<チベット>「なぜこの時期に暴力事件が起こされたのか?」=中国の専門家が分析(1日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/92903077.html


posted by マッサ at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。