2008年04月11日

3月の米雇用者数は8万人減、失業率も上昇(5日)


米労働省が4日に発表した3月の雇用統計では、

非農業部門の雇用者数が8万人減少と、
イラク戦争が始まった2003年3月以来5年ぶりの大幅減となった。

失業率も5.1%と2月の4.8%から0.3ポイント上昇し、
ハリケーン「カトリーナ」直後の2005年9月以来の低水準となった。


サブプライムローン特集92


posted by マッサ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。