2008年04月17日

阪急阪神HD、大規模NT開発不調で特損690億円(3日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080403-00000957-san-ind

大阪府北部で開発中の大規模ニュータウン「彩都」で、
都市再生機構が東部地区の開発から撤退することを受け、

最大地権者の阪急阪神ホールディングス(HD)は3日、

土地評価損約690億円を
平成20年3月期連結決算で特別損失として計上すると発表した。

その結果、最終利益は350億円の従来予想から5億円に激減する。(産経新聞)


posted by マッサ at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。