2008年04月18日

世銀総裁、貧困対策へ行動呼びかけ IMFとの合同開発委員会で(14日)


世界銀行のロバート・ゼーリック総裁は13日、
ワシントンD.C.で開かれた国際通貨基金(IMF)との合同開発委員会で、

空腹と貧困に取り組むための「新ニューディール政策」を発表し、
各国政府に対し途上国の不安定化の要素となっている食糧危機に対処するよう呼びかけた。


関連

「バイオ燃料増産が食糧危機まねく」、ネスレ会長が警告(3月24日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/91440213.html


posted by マッサ at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。