2008年04月18日

家庭用燃料電池、松下が初の量産・発電効率、世界最高に(14日)

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080414AT1D1409114042008.html

松下電器産業は14日、

発電効率が約39%と世界最高の家庭用燃料電池を開発したと発表した。

2009年に世界初の量産に乗り出し、
一般家庭の6割の電力をまかなえる機種(出力1キロワット)を発売。

15年までに価格を50万円台に引き下げて
年間10万台超の販売を目指す。(NIKKEI NET)


発電効率よりも、ランニングコストの方が気になります。


posted by マッサ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。