2008年04月23日

ドバイを席巻する外国人労働者、UAE政府が危機感


建設ラッシュのドバイでは、
海外の投資熱に加えてアジア人労働者が大量に流入しており、

元々この国に住むドバイ人の間で
「自分たちがマイノリティ(少数派)になる」との懸念が広がっている。

警察長官が前週「このままではドバイ首長国は崩壊する」と発言したことで、
そうした懸念が一層高まっている。


そのうち、日本でも問題になりそうですね。


posted by マッサ at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。