2008年04月23日

配属2カ月で不正取引=売却益分散させ次の資金に−野村社員インサイダー・監視委

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080423-00000019-jij-soci

野村証券のインサイダー事件で、

証券取引法(現・金融商品取引法)違反容疑で逮捕された
中国籍の元社員※瑜容疑者(30)は、

企業情報部に配属された約2カ月後には不正取引を始めていたことが23日、
証券取引等監視委員会の調べで分かった。

利得は複数の銘柄に分散し、
次の取引の資金に充てられていたという(※=がんだれに萬)。(時事通信)


そういえば、JTの件はどうなったんでしょうか。

関連

JT株、ギョーザ事件公表2日前に急落…証取委が調査(2月2日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/88311636.html


posted by マッサ at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。