2008年04月25日

吉野家の米国産牛肉に危険部位、輸入を一時停止


農水省は23日、
大手牛丼チェーン吉野家ホールディングスの倉庫内の米国産牛肉から、

輸入が認められていないBSE(牛海綿状脳症)の特定危険部位である
脊柱(せきちゅう)が見つかったと発表、

出荷元の米食肉処理業者
ナショナルビーフ社カリフォルニア工場からの輸入を停止した。


posted by マッサ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。