2008年04月25日

ダライ・ラマ「暴力拡大なら辞任」再強調 米で初会見(14日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080414-00000902-san-int

米国を訪問中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は13日、
滞在先のワシントン州シアトルで会見し、

チベット騒乱について
「暴力が制御できなくなれば、私の持つ選択肢は辞任だけだ」と語り、

今後の状況によっては引退することも辞さない考えを改めて強調した。

中国当局によるチベット騒乱鎮圧後、
ダライ・ラマが訪問先の米国で会見したのは初めて。(産経新聞)


チベット特集191


posted by マッサ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。