2008年04月27日

「光市事件の死者は1.5人」 准教授の記述で青山大学長が謝罪(25日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080425-00000984-san-soci

青山学院大学(伊藤定良学長、東京都渋谷区)は25日、

同大学の教員が個人HP(ホームページ)に記した記述が不適切だったとして、
学長名義での謝罪文を大学HPに掲載した。

問題となった記述は、
国際政治経済学部の瀬尾佳美准教授(環境経済学)の個人HP内のもの。

この中で「私は死刑廃止論者ではない」としつつも
「少年に対する死刑には原則反対」と主張、山口県光市の母子殺害事件で
殺人や強姦致死などの罪に問われた元会社員の被告(27)=犯行当時(18)=に

死刑を科すのは重すぎるとして、
「最低でも永山基準くらいをラインにしてほしいものだ。
永山事件の死者は4人。対してこの事件は1.5人だ」

「まったくの個人的意見だが赤ん坊はちょっとしたことですぐ死んでしまうので
『傷害致死』の可能性は捨てきれないと思っている」などと持論を展開した。(産経新聞)


自動車の定員と同じような感覚なんでしょうか。

関連

「元少年殺されれば遺族は幸せ」青学准教授ブログに集中砲火(24日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080424-00000004-jct-soci


posted by マッサ at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。