2008年04月28日

胡主席来日時に政治文書 台湾独立不支持盛らず チベット騒乱言及なし(17日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080417-00000909-san-pol

政府は16日、

5月の中国の胡錦濤国家主席来日時に発表する政治文書では、
台湾に対する従来の政府の立場を堅持し、

中国側が求めてきた「台湾独立への不支持」は盛り込まない方針を固めた。

また、未来志向の日中関係と戦略的互恵関係の強化をうたう一方、

平成10年の日中共同宣言で「遵守」が明記された
日本の植民地支配と侵略を謝罪した村山談話と、

世界が注目するチベット騒乱については言及しない見通しだ。(産経新聞)


チベット特集231


posted by マッサ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。