2008年04月29日

<中国>カルフールが「不買運動」の標的に(17日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080417-00000100-mai-bus_all

中国全土で110店以上の大型スーパーを展開する仏カルフールが、
中国チベット自治区で起きた暴動の余波で「不買運動」の標的になっている。

発端は、中国のインターネットで13日ごろから流れた真偽不明の情報だ。

「カルフールの大株主が(中国からの独立を求める)チベット仏教最高指導者
ダライ・ラマ14世に資金援助をしている」という内容で、

携帯電話のメールを通じて広がり、
テレビや新聞が連日のように取り上げている。(毎日新聞)


チベット特集238

カルフール不買運動:人気アナウンサーが反対表明(17日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/95038287.html


posted by マッサ at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。