2008年04月30日

ルイ・ヴィトン、ダライ・ラマへの援助を否定!中国のカルフール不買運動で―フランス(18日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080418-00000004-rcdc-cn

2008年4月17日、

大株主であるLVMH(ルイ・ヴィトン、モエ・ヘネシー)グループが
ダライ・ラマに資金援助をしていたとの報道から、

中国国内で激しい不買運動が広がった仏系スーパー・カルフール。

この件に関し、ルイ・ヴィトン本社が特別声明を発表。報道を完全否定した。

「中国新聞網」が伝えた。(Record China)


チベット特集246


posted by マッサ at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。