2008年05月06日

<チベット>中国の主権認める、カルフール不買運動受け記者会見―仏大使(4月20日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080420-00000017-rcdc-cn

2008年4月18日、
エルベ・ラドソー在中国フランス大使は記者会見を開き、

フランス政府はチベット問題に関して中国の主権を尊重すると発言、
中国で高まるフランス批判に配慮する姿勢を見せた。

新京報が伝えた。

中仏関係は「史上最良」とまで言われた蜜月関係からチベット問題によって一気に緊張。

仏大手スーパー・カルフールの不買運動、仏大使館へのデモと
中国側の反仏感情は日に日に高まりを見せている。(Record China)


チベット特集266


posted by マッサ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。