2008年05月06日

反日運動再燃を懸念? 人民日報、3日連続で「秩序ある愛国主義」訴え(4月21日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080421-00000976-san-int

中国共産党機関紙「人民日報」は21日、

「愛国の熱情と国家利益」と題した論評を掲載した。

中国各地で発生した反欧米デモを憂慮したもので、
同紙が「秩序ある愛国主義」を呼びかけるのは3日連続だ。

党の対外部門幹部は同日、
5月6日からの胡錦濤国家主席の訪日が重要と指摘した上で、

「26日の長野市での聖火リレーで妨害などが起これば、
反日(運動)が再燃しかねず、極めて憂慮している」と語った。

愛国感情の矛先が日本に向かう可能性を懸念したものだ。(産経新聞)


チベット特集276


posted by マッサ at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。