2008年05月06日

中国へのメッセージは必要 ペマ・ギャルポ氏(4月21日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080421-00000981-san-soci

チベット出身で「チベット文化研究所」名誉所長のペマ・ギャルポ氏が21日、
大阪市内で開かれた関西プレスクラブの会合で

「チベット問題と日本」と題して講演した。

ペマ氏は講演で、チベット騒乱に絡み中国政府の人権問題に批判が集まる中、
「21世紀に入っていまだに“植民地”を抱え、言論を統制している国はない。
世界が北京五輪後も継続して中国を見つづけていくべきだ」と強調した。(産経新聞)


チベット特集277

関連

チベット文化研究会 tibet culture centre
http://www16.ocn.ne.jp/~tcc/


posted by マッサ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。