2008年05月11日

ソマリアの食料価格高騰への抗議デモ、警官隊が威嚇発砲(7日)


高騰する食料価格に対する抗議デモが2日目を迎えた
ソマリアの首都モガディシオで6日、

1000人以上が参加したデモを解散させるために警官隊が威嚇発砲し、
少なくとも5人が負傷した。

同地では、前日も治安部隊の発砲でデモ参加者5人が死亡している。


関連

食糧危機でバイオ燃料が非難の的、国際エネルギーフォーラムで(4月22日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/94390649.html

バイオ燃料の排斥こそ「人道に対する罪」、ブラジル大統領が反論(4月17日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/93831500.html

バイオ燃料生産は「人道に対する罪」、国連報告官(4月16日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/93821572.html


posted by マッサ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。