2008年05月13日

聖火100人の“盾” 長野県警、安全を優先(4月23日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080423-00000122-san-soci

■市民「見えぬリレー意味あるのか」

長野市で26日に行われる北京五輪聖火リレーの警備を担う長野県警が、
聖火ランナーの周りを5人の機動隊員が囲み、

その両側に100人規模で2列縦隊をつくり伴走する
計画をしていることが23日、分かった。

沿道からの見物しやすさより、安全確保を優先させた形だ。(産経新聞)


チベット特集296

関連

聖火虚しい隔離リレー インドネシア・ジャカルタ(4月23日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/96519572.html


posted by マッサ at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。