2008年05月13日

王制廃止のネパール制憲議会 毛派が第一党確定(4月23日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080423-00000083-san-int

ネパール新憲法制定のための制憲議会(定数601)選挙の開票が22日、
ほぼ終了し、

今回選挙に初参加したネパール共産党毛沢東主義派(毛派)が
約220議席を獲得、第一党になることが確定した。

ただ、単独過半数には届かず、第二党のコイララ首相率いるネパール会議派や、
第三党の統一共産党などとの連立政権を目指すが、

各党には毛派との連立に対する警戒感も根強く、
主要政党間の連携を維持できるかどうか危ぶむ声も出ている。(産経新聞)


関連

<聖火リレー>妨害には発砲も!ネパールがエベレストに治安部隊(4月22日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/96169831.html

ネパール共産党毛沢東主義派が暫定政権復帰、ネパールの王制廃止へ
(2007年12月24日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/75418070.html


posted by マッサ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。