2008年05月25日

米ユダヤ系有力者、北京五輪のボイコットを呼びかけ(5月1日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080501-00000917-san-int

全米ユダヤ人会議(AJC)のリチャード・ゴードン会長ら
在米のユダヤ系有力者185人は4月30日、

北京五輪のボイコットを世界のユダヤ人に呼びかける宣言を発表した。

中国政府のチベット弾圧や、イラン、シリアなどとの緊密な関係を理由に
「ユダヤ人はこうした政権のごまかしに手を貸すべきではない」と訴えており、
中国には痛手となる。

「中国の五輪は戒律にそぐわない」と題した宣言は、
「ホロコースト(ユダヤ人虐殺)記念日」にあたる同日を選び公表された。

ユダヤ系組織「デービッド・ワイマン・ホロコースト研究所」(ワシントン)が
取りまとめにあたった。(産経新聞)


チベット特集358


posted by マッサ at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。