2008年05月25日

イタリア政府、次世代原子炉建設へ 原発廃止を撤回(23日)


イタリア政府は22日、
石油や天然ガスへの依存度を軽減するため、原子力発電所の建設を開始すると発表した。

1987年の国民投票による原発廃止の決定を撤回する方針だ。


原子力発電の比率が増えれば、ウランやプルトニウムの高騰が起きそうな気がします。


posted by マッサ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。