2008年05月29日

食糧高騰は沈静化するも高止まり、OECD予測


経済協力開発機構(OECD)は29日、
今後10年の農産物需給見通しをまとめた報告書を発表し、

現在の世界的な食糧価格の高騰は数年で下落に転じるが高止まりで推移すると予測した。


関連

食糧危機対策、日本の備蓄米に世界が注目(27日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/98433192.html


posted by マッサ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。