2008年05月31日

採血器具使い回し:「使用患者、早急に把握」県が陳謝 通知、現場に徹底せず /岩手

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080531-00000074-mailo-l03

県立8医療機関で
針の周辺部分が使い捨てになっていない採血器具の使い回しを発表した
県医療局業務課の八木善一総括課長は30日、

県庁での記者会見で
「器具を使用した患者を早急に把握し、必要な対応策を検討する。申し訳ない」と陳謝した。

厚生労働省は肝炎感染の恐れがあるとして複数患者に使用しないよう
注意喚起する通知をしていたが、現場に周知徹底されていなかったとみられる。(毎日新聞)


posted by マッサ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。