2008年06月03日

ダライ・ラマ特使会見「よい方向に」 強硬派、対話に疑問(5月9日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080509-00000088-san-int

チベット亡命政府の拠点、インド・ヒマチャルプラデシュ州のダラムサラで8日、

中国との先の非公式協議に出席した
チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の特使、ロディ・ギャリ氏が記者会見した。

前日、ダライ・ラマに協議内容を報告したという同氏は
「よい方向に進んでいる」と今回の対話を評価、8月の北京五輪開幕前に
公式協議を再開したい意向を示唆した。

しかし一方で、成果を疑問視するチベット人グループもあり、
ダラムサラでは対話路線継続の波紋が広がっていた。(産経新聞)


チベット特集421


posted by マッサ at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。