2008年06月09日

米ボーイングなどに9億2600万ドルの賠償命令、放射性物質汚染訴訟で(4日)


米コロラド州デンバーの連邦地裁は2日、

核兵器工場から流出したプルトニウムなどの放射性物質による汚染で
損害を与えたとして、米化学大手ダウ・ケミカルと米航空機大手ボーイングに対して、
総額9億2600万ドル(約970億円)の賠償金支払いを命じる判決を下した。


関連

四川大地震 政府、核施設「安全」強調 放射能漏れうわさ警戒(5月19日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/99884991.html

中国製鋼材から放射性物質 イタリアで捜査開始(3月1日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/90604767.html


posted by マッサ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。