2008年01月20日

FXの現状

前回から1週間も経っていませんが円高が進んでいますので、UPします。

163円台で買ったユーロ円ですが、現在、156円台。

スワップポイントを入れても、−5万円。

預託保証金率174%。




一方kakakuFX、

100円台で買ったオーストラリアドル円は、現在93円で−6万強。
109円台で買ったカナダドル円は、現在104円で−6万。
222円台で買ったポンド円半単位は、現在208円で−7万弱。
10.2円台で買ったメキシコペソ円10単位が現在9.7円で−4万。
90円台で買ったニュージーランドドル円が現在81円で−9万。
16.2円台で買った南アフリカランド円5単位が現在15.1で−5万。

スワップポイントまで含めて−27万円位です。
レバレッジ効果さらに実感中。

証拠金比率  9%




ラベル:FX
posted by マッサ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

FXの現状

昨年の7月に、163円台で買ったユーロ円ですが、

現在、160円台。
円高で、スワップポイントを入れても、−1万円。

預託保証金率236%。




一方kakakuFX、

100円台で買ったオーストラリアドル円は、現在97円で−3万。
109円台で買ったカナダドル円は、現在106円で−3万。
222円台で買ったポンド円半単位は、現在211円で−5万。
10.2円台で買ったメキシコペソ円10単位が現在9.8円で−3万。
90円台で買ったニュージーランドドル円が現在85円で−5万円強。
16.2円台で買った南アフリカランド円5単位が現在15.9で−1万。

スワップポイントまで含めて−12万円位です。
レバレッジ効果実感中です。

証拠金比率  12%


ラベル:FX
posted by マッサ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

FXの現状

7月に、163円台で買ったユーロ円ですが、

現在、162円台。
やや円高ですが、スワップポイントがついて、ほぼトントンです。

預託保証金率254%。




一方kakakuFX、

109円台で買っていたカナダドル円は、現在117円で+7万。

ですが、
90円台で買ったニュージーランドドル円が現在84円で−6万円強。
10.2円台で買ったメキシコペソ円10単位が現在10.16円でややマイナス。

スワップポイントまで含めて+1万円位です。

証拠金比率  18%


posted by マッサ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

FXの現状

先月、163円台で買ったユーロ円ですが、

本日、151円台。約12万円の損が出ています。レバレッジ効果さらに実感中。

保証金が不足し始めているようなので、9万円ほど入金。
預託保証金率237%まで回復。






また、口座開設以来しばらく触っていなかったkakakuFXですが、

先日カナダドル円を、109円台で買ってみました。

本日、104円台。こちらでもレバレッジ効果実感中。



posted by マッサ at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

ユーロ円の新規買いから参戦

昨日、163円台で指していた注文が約定していました。1単位ですが。。

本日、161円台。約2万円の損が出ています。レバレッジ効果実感中。


現在の預託保証金率257%



kakakuFXの手続きがもう少しかかりそうなので、こちらで始めてみました。
posted by マッサ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

インドに関係する記事を、

取り上げてみました。

取り上げたきっかけですが、

インド大統領選、パティル氏が当選…初の女性大統領に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070721-00000111-yom-int

http://yukimassa.seesaa.net/article/48836917.html

この記事です。

女性大統領の誕生が、現在でも尾を引くカースト制度など、
インドの数ある問題を打破するきっかけになる事を願っています。


前回のロシア特集の件があるので覚悟してましたが、3日もかかってしまいました。
本日より、通常運用に戻ります。

インド特集  1/45
posted by マッサ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

リトビネンコ氏の記事を、

集めてみました。


CFE条約のロシアの履行一時停止、

イギリス、ロシア双方の外交官追放、

これらの原因となった事件で、解決はかなり難しいでしょう。


両国の動きを、一層注意深く見ておきたいと思います。


リトビネンコ氏特集 0/12
posted by マッサ at 16:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

ロシアに関係する記事を、

取り上げてみました。

当初は、2時間位で終わるだろうと思っていたのですが、
あれもこれも、仕舞いにはボクシングのニーナの記事も入れてしまい
(さすがに2個1にしました)とんでもなく時間がかかってしまいました。

さて、取り上げたきっかけですが、

<CFE条約>ロシアが履行を一時停止、欧米と対決鮮明に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070714-00000074-mai-int

英、ロシア外交官追放も=引き渡し拒否で対抗措置検討(12日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070712-00000115-jij-int

この2本の記事です。

こじれさせる事は無いとは思いますが、注意深く見ておきたいと思います。

ロシア特集  1/27
posted by マッサ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

財団法人、地方債協会

http://www.chihousai.or.jp/index.html

地方債に関係する財団法人があるんですね・・・・・・・知りませんでした。

都道府県及び政令指定都市の財政状況
http://www.chihousai.or.jp/08/01.html


全国都道府県の借金時計
http://www.geocities.jp/mkqdj167/map.htm
こちらのサイトの方が見やすいです。


地方債の発行急増のニュースを受け、地方に関係する記事をとり上げてみました。

小泉純一郎元首相の発言から一年以上経ちますが、記事を見る限りあまり変わっていないようです。

少なくとも、任期ごとに支払われる退職金は是正するべきだと思うのですが。

地方特集7
ラベル:地方債 財団法人
posted by マッサ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

昨年12月の、インド首相の演説は、

マスコミはほとんど報道しなかった。

放送するしないは、彼らが決める。



過剰とも思えたライブドア叩きが、日興の問題が表面化するとピタリと止まった時、

あまりに不自然だったので、調べてみたが、

割と有名な、國松孝次氏が天下っているのを見つけたが、これだけでは弱い。

いろいろ考えてみて辿り着いた結論は、
マスコミにとって、日興はスポンサー、ライブドアは商売敵。


彼等も企業、大事なお客の悪いニュースは、極力報道したくないだろう。


私が好きなコラムで、ロバート・キヨサキ氏は、こう書いている。

「エンロンのいかがわしい手口について、投資家に警告できなかったテレビや印刷メディアの金融ジャーナリストたちはどうなのか。ほんの数年前、彼らはドットコム株をはやし立てていた。現在は、ダウが1万2000ドルを超えたことをはやし立てている。」

「エンロン」を「ライブドア」、「ダウ」を「日経平均」に変えてみたらしっくりする。


最後にもう一度「放送するしないは、彼らが決める。」
posted by マッサ at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

私が投資する時、一番大事だと思ってる事は、

「マスコミ等を頭から信用しない」という事です。


「坂本弁護士」の「TBS」

「珊瑚」の「朝日」


という言葉が頭をよぎりますが、
今では、「9割の真実に1割の嘘を混ぜるのが、うまい嘘のつき方」という手法は使わずに、

「編集権」という権利を利用した「偏向報道」が主流のようです。


例えば、
昨年12月の、インド首相の衆議院での演説をご存知でしょうか?

もし、ご存じないなら、「インド 演説 マスコミ」というキーワードを、ヤフーやグーグルで検索される事をお勧めします。
posted by マッサ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

私の投資信託との付き合い方ですが、(昨夜の続きです)

一気に買わず、(一番最初購入した時、いきなり急落したので)

集中させず、(購入場所、投資信託自体)

余裕資金を残す。(下落した時、買い増しする為)


以上をモットーとして、コツコツ買い続けており、


ロバート・キヨサキ氏が、「消極的」という投資家を目指し、

キヨサキ氏のコラムにある、ウォーレン・バフェット氏いわく「無知に対する防衛策」である、分散投資を理解したいと思っています。
posted by マッサ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関連すると思われる、記事を挙げてみましたが、

ロバート・キヨサキ氏の主張は、日本でも当てはまると思います。

当てはまるどころか、罰則が軽い日本の方がアメリカより酷いかもしれません。。。


投資信託を購入される時は、購入手数料や信託報酬を比較し、一番良い物を買うだけではなく、1位、2位、3位と順位を付け、分散させて購入する方が良いかもしれません。


また、同じ手数料なら、より投資信託をコントロール出来る所で買うべきだと思います。

(分配金を受け取るか、再投資するか変更出来るだけですが)新生銀行なら可能です。



新生銀行へのリンク

書きながら寝てしまってました。続きは次回に・・・
posted by マッサ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

昨日、紹介したコラムの、

ロバート・キヨサキ氏は、そのコラムの中で、


投資信託を買うとなると、手数料や毎月の「管理料」を、それこそ損を出したときも支払わなければならない。

手数料や管理料についてきちんと聞いておくことだ。あるいは、インデックスファンドを買うことを検討したほうがいいかもしれない。

預貯金や株式、債券、投資信託のようなペーパーアセット(紙の資産)に投資する人には、それらをコントロールする力はほとんど与えられていない。


と、株式、債券、投資信託への投資をあまり高く評価していない。

関連ニュースを数本見つけましたので、順次アップいたします。
posted by マッサ at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

私が好きなコラムを紹介します。

ロバート・キヨサキ 金持ちがますます金持ちになる理由
http://biz.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person4/person4_list1.html


投資信託に興味がある方は、


第21回 なぜ投資信託はお粗末な長期投資なのか


だけでも、是非お読みください。

興味を持たれた方は、古い本ですが、



今なら古本屋さんにもあると思いますので、是非。
posted by マッサ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

債券、株、不動産の、比率は良かったのですが、

債券の内訳を何とかしたかったので、

急落以後、6ヶ月程グローバルソブリンをコツコツ買い増してました。


6ヶ月後、以前投稿しました様に、手数料タダの所がある事を知り、
投資信託を検索、比較するようになりました。

現在、最初に買った銀行では一切買わなくなり、投資信託ごとに別々の所で購入しています。


右のリンク集の、社団法人投資信託協会で、比較できますので、購入予定のある方は是非。

posted by マッサ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目論見書を引っ張り出して来て、

アメリカ国債27%、イタリア国債11%、イギリス国債10%と、、、

書き出してみました。

その結果のメモが残ってるので書いてみます。


債券が約50%、その内、

オーストラリア債が44%、、アメリカ債が13%、イタリア債とイギリス債が5%、スペインとニュージーランドが4%、と続きます。

株は25%で全てがインド。
不動産は25%、全てがアメリカでした。
posted by マッサ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私が最初に買った投資信託は、

グローバルソブリン(国外の先進国国債)、
インドファンド(株式)、
米国リート(不動産)、
オセアニアポンド(オーストラリア近辺の公社債)、

以上の4つで、銀行員の勧めるまま、資金を4等分して購入しました。


購入後すぐ急落したので、

どんな物に投資しているのか、調べてみました。
posted by マッサ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

私のメインバンクは、

新生銀行なのですが、

現在、新規口座開設の方限定で、

投資信託の申し込み手数料、キャッシュバックキャンペーンをしています。(8月15日まで)


ただ対象が、
申込金額が1回の取引で10万円以上、ファンド毎に計100万円まで、ですのでご注意を。

この機会に、申し込み手数料の高めな投資信託を、検討されてはいかがでしょうか?


あと、ここの銀行の場合、
ネットでの振り込み手数料が1ヵ月あたり5回まで無料なのも魅力です。


新生銀行へのリンク


posted by マッサ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

投資信託について、思いつくまま書いてきましたが・・・

1年半ほど付きあってきて、一番感じる事は、

手数料が意外に多いという事です。


購入手数料・・・買う時必要(前回も書きましたが、どこでも一律ではありません)

信託報酬・・・・持っている限り必要(これは一律)

信託財産留保額・売る時必要(これも一律、無い物もある)


投資信託を買う予定がおありなら、同じ種類の商品と、手数料を比較された方が良いと思います。

たとえ0.1パーセントでも、2年、3年と経つとかなり違ってきますので・・・
posted by マッサ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。