2007年06月17日

最後に、どこで購入するか?(結構重要です)

投資信託の手数料はどこで買っても同じではありません。

投資信託協会
http://www.toushin.or.jp/

ここでは、手数料が比較できたり、基準価格(投資信託1口あたりの時価)と純資産総額を時系列で見れたりします。


私は、グローバルソブリンを持っていて、手数料0の所があると知った時、結構ショックでした。

購入を検討されてる方は一度、調べられてみる事をお勧めします。


posted by マッサ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

次に、いつ投資するか?

国外物なら為替に影響を受けて変動します。

一般的に、国外物は円高になると価格が安く、円安時は高騰します。

この為替変動を、ヘッジ(リスクを回避)する物もありますが、ヘッジのコストが大きく、ヘッジ無しの物よりリスクが減りますが、リターンも減ります。


金利の変動の影響。(為替にも影響有り)

国債の価格は金利が上昇すると下がりますので、国債物を買う時は金利が上がりきった時がベストでしょう。(一部例外あり、物価連動国債など)

また、株や不動産も金利が上がれば下がります。
ラベル:投資信託
posted by マッサ at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まず、何に投資するか?

国債、株、不動産等、色々種類があり、

リスク、リターンが異なります。


国債は、バックが国ですので、先進国の物ならリスクは少ないでしょう。リターンも少ないですが。

株は、国債物より変動が大きいので、ハイリスク、ハイリターンです。

不動産は、不動産価値の変動で上下し、リスク、リターン共に、国債と株の間位です。


これに加え国内か国外、国外物なら為替も考えて購入時期を選ぶ必要があります。
ラベル:投資信託
posted by マッサ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託に出会ったのは、

2005年の12月。

当時は何も知らず、銀行員の勧めるまま購入しました。


それから1年半、多少は知識を得ましたので、注意すべき所を書いていきたいと思います。
ラベル:投資信託 銀行
posted by マッサ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。